[最強]ランキング読者会員登録へ

( 'ω'o[10点 ]oで稼ぐ競馬予想

競馬の予想をしてます!

阪神大賞典*最終予想*

 

 

f:id:fumiya_keiba:20190317080417j:image

 

 

おはようございます☀️ふみやです!

 

 

今日のこの記事では阪神大賞典の最終予想をしますので是非参考にしてみてください!

 

 

先日のデータ紹介ではコルコバードを注目馬として紹介しています。

 

 

僕の印は…

 

 

コルコバード

・2400m以上の距離で結果を残しているだけに、ここ2戦の距離短縮&瞬発力勝負は厳しかった。このレースは3~4コーナーから徐々に捲って行く馬が多く、直線だけの瞬発力勝負より持久力勝負になりやすい。丹頂ステークスでは捲る競馬で2着。そのレースで勝ったリッジマンより斤量が1キロ重たかったのに対し、このレースでは3キロも恩恵を受ける。牝馬ではあるが過去に好走歴があるので狙ってみたい1頭。

 

 

 

〇②リッジマン

*このレースは3000mの重賞で結果を出している馬がいない。そう考えると必然的にステイヤーズステークス勝ち馬のこの馬が実績1番になる。ただ対抗に落とした理由は僅差の競馬をしているコルコバードよりも斤量に差が開いたため対抗に。

 

 

アドマイヤエイカン

ステイヤーズステークスでは先団で追走し自らしかけて行ったが、最後はリッジマンの脚に屈した。4勝中3勝をあげている岩田騎手とのコンビに戻るのはプラスにはたらきそう。

 

 

☆穴⑦カフジプリンス

・過去にダイアモンドSで3着があるように長距離ではこの馬も軽視できない。京都記念では久々のレースであのメンバー相手に0.6秒差の競馬が出来たことは収穫があったと思う。このレースと相性のいいハーツクライ産駒。馬券に入れておきたい1頭。

 

 

⑧ヴォージュ

 

⑩シャケトラ

 

買い目

 

3連複

 

-②-②⑧⑨

スプリングS*最終予想*

 

 

f:id:fumiya_keiba:20190316212147j:image

 

 

こんばんわ🌃ふみやです!😄

 

 

今日のこの記事ではスプリングステークスの最終予想を紹介したいと思いますので是非参考にしてみてください!

 

 

先日のデータ紹介ではタガノディアマンテを注目馬として紹介しています!

 

 

 

僕の印は…

 

 

⑫タガノディアマンテ

・前走のきさらぎ賞は出遅てスローペースの中を最後方から差して来た鬼脚は認めなくてはいけないところ。東スポ杯で2,3着だったアガラスとヴァンドギャルド弥生賞1着のメイショウテンゲンが走ってたことを考えると少頭数ではあったが決してレベルが低いレースではない。

小回りコースでは初出走になるが、父父・ステイゴールド、母父がキンカメなので普通にこなしても不思議ではない。

 

 

 

⑬シークレットラン

・前走の京成杯は+12キロでの余裕残しの仕上げだった。レース展開もほぼ前目にいた馬で決着し、展開にも泣かされた面もあり前走は度外視でいいと思う。中山実績が抜けているだけに狙いたいところ。

 

 

 

⑨エメラルファイト

・朝日杯では後方から6着とよく追い込んだ。エンジンのかかりが遅い馬だけに捲る競馬をすればトップスピードに乗れば素晴らしい脚を使うのでこの馬も捨てがたい。

 

 

☆穴⑦リーガルメイン

・中山で狙いたいハービンジャー産駒。京成杯では出遅れ&4コーナーでは大外ぶん回す競馬を強いられた。ペースが流れていればひょっとしたらと思わせる内容。きちんとゲート出ればこのメンバーでも勝負になると思う。

 

 

②クリノガウディー

 

△③ユニコーンライオン

 

 

買い目…

 

 

3連複

 

 

 

阪神大賞典・スプリングS*データ紹介*

 

 

 

おはようございます☀️ふみやです!

 

 

この記事では阪神大賞典スプリングステークスのデータ紹介をしたいと思いますので是非参考にしてみてください!

 

 

まずは阪神大賞典

 

 

①連対馬

f:id:fumiya_keiba:20190314052216j:image

 

*このレースは少頭数でのレースが多くスローペースになりやすいと思ったら実はそうでもなくわりとペースが流れやすく差しもよく決まっている。1番多いのは前半控えて後半の3コーナ〜4コーナーで先団に取り付くいわゆる捲る競馬が出来る馬が結果を残している。

 

 

 

②血統データ

f:id:fumiya_keiba:20190314053010j:image

種牡馬で言えばステイゴールド産駒が狙い目になる。どっちかと言えば中山で実績ある種牡馬がこのレースで活躍している。3000mのスタミナ勝負なのでブライアンズタイムなどのロベルト系の活躍があるのかと思いきや、父・サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系の割と中距離で結果を残している配合が好走傾向にある。

 

 

( 'ω'o[データ注目馬 ]o

 

 

コルコバード

・父・ステイゴールド×母父ミスプロ系。距離が力関係が懸念されそうだが、2600mの丹頂Sでリッジマンと差のない2着。

 

 

 

次にスプリングステークス

 

 

①連対馬

f:id:fumiya_keiba:20190314054711j:image

 

フラワーカップと同条件になるスプリングステークスだが、ただ違うとこはペースが流れやすいのがこのレースの特徴。フラワーカップのデータ紹介では差しが届きにくいと紹介したがこのレースは差し馬の活躍が目立っている。

 

 

②血統データ

f:id:fumiya_keiba:20190314093404j:image

 

*父・サンデーサイレンス系の活躍が目立っていて種牡馬はサンデー系から狙うのがセオリー。ただ来ている傾向が多種多様で絞りづらいのがこのデータ。

対馬表と照らして合わせてもらうと分かりやすいですが、ペースが流れれば中山適正の高いステイゴールド産駒が狙い目になる。

今度はスローに落ち着けば2015年みたいにディープインパクト産駒が2頭馬券になっているように、展開によって来ている種牡馬の傾向に変わりがある。

 

 

( 'ω'o[データ注目馬 ]o

 

 

タガノディアマンテ

・去年馬券に絡んだオルフェーヴル産駒。スローペースになっても後方から追い込んでくる末脚は魅力。

 

 

 

 

 

フラワーカップ・ファルコンS*データ紹介*

 

 

おはようございます☀ふみやです!

 

 

今日のこの記事ではフラワーカップファルコンステークスのデータ紹介をしたいと思いますので是非参考にしてみてください!

 

 

まずはフラワーカップから

 

 

①連対馬

f:id:fumiya_keiba:20190314042933j:image

 

*先週の中山牝馬ステークスと同コースでレース傾向も割と似ている。スローの瞬発力勝負になりやすく、先行勢が有利な傾向に。上がり最速で馬券内で来た馬はわずか3頭。勝ち馬だけに絞ると2017年のファンディーナの1頭だけ。同馬は2番手からの競馬で上がり最速をマークしている。よって上がり最速をマークしても差し・追い込み馬には厳しいレースと言えそう。

 

 

 

②血統データ

f:id:fumiya_keiba:20190314043648j:image

*スローの瞬発力勝負に強いディープインパクト産駒が現在2連勝中。ただセオリーで言ったら中山のパワー要する小回りコースでは割引き材料になるため、レース展開を読み切って買う必要がある。

来ている配合は父・サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系またはその逆の血を持っている馬が4年連続馬券内。また過去にはアースライズが12番人気で2着。ウィンクルサルーテが14番人気で3着と穴を空けている。

 

 

( 'ω'o[ データ注目馬]o

 

コントラチェック

ディープインパクト産駒だが小回りコースの札幌・中山で勝ち星がありコース適正が高そう。今年も少頭数になりそうでスローペースが見込める…

 

 

 

次にファルコンステークス

 

 

①連対馬

f:id:fumiya_keiba:20190314045339j:image

 

・1400m戦の短距離戦らしくハイペースの消耗戦になりやすい。馬券内の15頭中6頭は上がり最速をマーク。内3頭勝ち馬が出ているように差し馬が有利になる。だが、先行勢も頑張りを見せ粘り込みを見せている。ただ外枠の先行馬は馬券には絡めていない。

 

 

②血統データ

f:id:fumiya_keiba:20190314045923j:image

 

*さっきの展開の話に戻るが、実は血統に大きく関係している。過去に先行して馬券に絡んだ馬はこちらも15頭中6頭。うち5頭は父がノーザンダンサー系だった。スピードと言うよりは勝負根性・底力が引き継ぎやすいと言われるノーザンダンサー系の特徴が顕著に出ているレースと言えそう。

来ている配合で言えば父・サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系またはその逆の馬がよく馬券にからんでいる。

ナスルーラ系の傾向としてはトニービンサクラローレル、バゴと言った中長距離で活躍した馬の名前が上がっていて、サクラバクシンオーなど短距離で活躍した馬の名前はない。

単にスピードだけでは勝てないと言うのがこのファルコンステークスの大きな特徴なのかもしれない。

 

 

( 'ω'o[データ注目馬 ]o

 

ハッピーアワー

・サンデー×ナスルーラ配合は1頭いるが母父がサクラバクシンオーのため消しに。このハッピーアワーは父・ハービンジャー×母父ディープインパクトの中距離血統。短距離戦で実績あるためこの馬を推奨したい。

 

 

 

 

土・日メインレース回顧

 

 

こんばんわ🌃ふみやです!😄

 

 

今日のこの記事では土曜日の中山牝馬ステークス・日曜日のレース回顧をしたいと思います!

 

 

まずは中山牝馬ステークス

 

⑭ワンブレスアウェイ…11着

*カワキタエンカが逃げ前半3ハロン36.0-後半3ハロン35.5と去年とは違いほぼ淀みがないミドルペースの展開になった。その上3~4コーナーの中間から直線の200mまで12.2-11.4とペースが上がってしまい当然逃げ馬には厳しく、捲りの体勢から流れに乗った⑦フロンテアクイーン⑨ウラヌスチャーム④アッフィラーがそのまま上位を占めた。

⑭ワンブレスアウェイだが、個人的にはこんなに先行勢が揃っていて番手で競馬するのかって思った。ただ、この馬は直線だけの瞬発力勝負で結果を残して来た馬だけに捲り決着になった今回は控えても厳しかったかもしれない。

 

 

 

次は金鯱賞

 

 

①ダノンプレミアム1着

リスグラシュー2着

 

馬単①-⑪2,490円的中!!

 

*前半3ハロン35.6-後半3ハロン34.6と若干スローに落ちついた流れに。予想通り①ダノンプレミアムには好都合な展開に。⑧エアウィンザーの末脚も脅威になるものだがやはりこの馬には関係なかった。2000mまでなら問題なく強さを発揮するだろう。リスグラシューもスローの中よくあの位置から追い込んで来たと思う。他人気所のペルシアンナイトアルアインは決め手の差で敗れたと言う感じか。

 

 

次にフィリーズレビュー

 

⑨メイショウケイメイ...5着

*前半3ハロン34.9-後半3ハロン35.2とこちらは短距離戦のわりに落ち着いた流れになった。

1着同着の①ノーワン⑥プールヴィルは中段から差してきた。ただ3着〜5着馬は先行集団にいたので前残りのレースになってもおかしくないレースだったかもしれない。

⑤アウィルアウェイは1400m戦でも前半がかなり遅い流れの競馬しかしてなく、最終予想でも言ったスプリント適正にある馬とは言えず、ペース流れたこのレースで惨敗。どっちかと言うと兄同様にマイラーの気質ではないだろうか。

 

以上レース回顧終了です!

フィリーズレビュー*最終予想*

 

 

f:id:fumiya_keiba:20190309210824j:image

 

 

こんばんわ🌃ふみやです!😄

 

 

この記事ではフィリーズレビューの最終予想をしたいと思いますので是非参考にしてみてください!

 

先日のデータ紹介では、ココフィーユ・メイショウケイメイをデータ注目馬として紹介しています!

 

 

僕の印は…

 

 

⑨メイショウケイメイ

*近年のフィリーズレビュー勝ち馬の出世先は短距離レースで活躍している。桜花賞のトライアルレースと言う感じは薄くなっていて、短距離で活躍しそう馬を探すというところか?

そこで浮上したのがメイショウケイメイ。

新馬戦では逃げて11秒台のラップを刻みミドルペースの中をそのまま押し切って2馬身半差をつけ力を見せた。紅梅ステークスでは控えて差す競馬をし、競馬の幅も広がった。また明日は重馬場予報。この馬の父ワークフォースの母父にサドラーズウェルズの血が入っていてパワーの要する馬場でパフォーマンスをあげる。近年の傾向・明日の馬場からこの馬を狙いたい。

 

 

 

⑥プールヴィル

*データ紹介では紹介しなかったが、このレースは母父ナスルーラ系の血を持つ馬が4頭馬券圏内。詳しく探るとその内2頭トニービンの血を持っていた。この馬はトニービンは持ってないがトニービンの父父であるゼダーンの血を持っている。メイショウケイメイの評価を上げるなら前走の紅梅ステークスで僅差の競馬をしたこの馬も評価をあげたい。

 

 

 

⑮ジュンラビル

ファンタジーSでダノンファンタジーと0.3秒差と僅差の競馬をしているこの馬も抑えておきたいところ。重馬場に強いヴァイスリージェントの血も生きそう。

 

 

 

☆穴④アズマヘリテージ

*穴馬として推奨したいのはアズマヘリテージ。小倉2歲ステークスは13番人気の低評価を覆し2着と健闘。その後パッとしないのは、ペースがミドルからややスローに落ちている。新馬戦,小倉2歳ステークスはハイペースの消耗戦で結果を残している。このフィリーズレビューは逃げ馬が揃っていて消耗戦になると予想。また並み居る牡馬がいた小倉2歳ステークスでは馬群の内側を割って出てきた勝負根性も備えている。穴で拾っておきたい1頭。

 

 

 

⑪ホウオウカトリーヌ

 

 

買い目

 

3連複

 

-④

 

 

 

 

 

金鯱賞*最終予想*

 

f:id:fumiya_keiba:20190309201349j:image

 

 

こんばんは🌃ふみやです!😄

 

 

今日のこの記事では金鯱賞の最終予想をしたいと思いますので是非参考にしてみてください!

 

先日のデータ紹介ではサトノワルキューレをデータ注目馬として紹介しています!

 

 

僕の印は…

 

 

①ダノンプレミアム

*休み明けではありますが、実力を買いこの馬を本命に。逃げ馬がタニノフランケルしかおらず、スローが濃厚。番手でも競馬が出来るこの馬には好都合の展開になりそう。上がり馬のエアウィンザーに人気を譲りかなり美味しい人気になっているので頭で狙いたい。

 

 

 

⑧エアウィンザー

*上がり馬で相手強化された感じはあるが、レース内容が素晴らしく強い馬になったと思う。ただ展開面で先行して速い上がりを使えるダノンプレミアムを上に取ったと言う感じ。

 

 

⑤タニノフランケル

*スローの単騎逃げに持ち込めば強さが光るこの馬。中山金杯小倉大賞典とペースが流れた中でも馬券内に粘れる勝負根性が備わって成長著しい。ここ2走の好走でおつりが残ってるのか疑問だが展開に恵まれたときは怖い存在。

 

 

☆穴③サトノワルキューレ

*データ注目馬のサトノワルキューレを穴馬として推奨したい。ローズステークスはスタート後の行き脚がつかず後方からの競馬を強いられた。しかし、前半3ハロン36.7のドスローで前残りの展開になったなか6着まで追い込んだのは立派。長い脚が使えるタイプなので、捲っていく競馬をして欲しいところ。

 

 

リスグラシュー

 

 

買い目…

 

馬単

 

①-